学生ローン

お金に困った時に。

大学生の時は一人暮らしをしていたため、常にお金の計算が欠かせませんでした。

 

親から仕送りで、家賃と多少の生活費を送ってもらっていたのですが、交際費や買い物費用などはすべて自分でやりくりしなければいけません。

学生ローンでお金を借りるのにおすすめできる低金利の金融業者

そのため、アルバイトをしてどうにか生計を立てていましたよ。

 

ただ、大学の講義もあるので毎日バイトをする訳にもいかず、どれだけ頑張っても月々6,7万稼ぐので精一杯でしたね。

 

ちょっと高めの服や、友達と旅行なんて行った時にはすぐにお金が無くなってしまい困る事もありましたね(*_*)

 

そんな時に活用していたのが、カードローンです。

 

学生でも借りれるの?って思われがちなんですが、20歳以上でアルバイトなどの定期収入があれば、学生の方でも利用可能となっています。

 

なので、お金に困っている学生の方でアルバイトをされている方は、カードローンの利用をするのも一つの手だと思いますよ。

 

基本的に家族への連絡なども無いので、親に迷惑や心配をかける事もないですしね。
でもどこで借りるのがいいのか分からないし、不安もあると思います。

 

そこで、学生の方にお勧めのカードローン会社を紹介しておきます。全て大手の会社なので安心して利用出来ると思いますよ。

 

学生さんにお勧めのカードローン

アコム

アコム

 

まず学生の方にお勧めするのが、アコムのカードローンです。20歳以上でアルバイト等をしている方であれば、学生の方でも審査の上お金を借りる事が出来ますよ。
アコムは対応がスピーディーなので、審査によっては申込み当日に借入する事も可能となっています。急ぎでお金を借りたい方は、まずアコムに申込みしてみるのがいいでしょう。

 

≫アコム公式サイトへ

 

プロミス

プロミス

 

プロミスのカードローンも学生の方にお勧めですよ。審査時間も早く、最短だと申込してから1時間ほどでお金を借りる事が可能となっています。
また、初めて利用する方は30日間無利息で借りる事が出来るのでお得ですよ。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 

≫プロミス公式サイトへ

 

モビット

モビット

 

三井住友銀行グループのモビットも人気のカードローンですね。インターネット上からなら、24時間365日いつでも申し込みする事が可能となっています。
最短で借りたい場合は、ネット申込み後に無人契約機へローンカードを受け取りに行けば、その場で借入する事が出来ますよ。

 

≫モビット公式サイトへ

 

 


ローン・住宅ローン ブログランキングへ

 

 

私がカードローンを利用した理由

もう2年前、学生の頃の話しになりますが、私はメガネを利用していました。
しかし、朝起きてからメガネを探すのに時間がかかったりしてウンザリしてたらレーシックの話があって、検査を受ける事にしたんです。

 

無料で検査を受けて、レーシックが受けられる目である事がわかったんですがお金が無く、学生で審査通るかどうかわからなかったけどカードローンに申請を出してみました。

 

そしたら審査も無事通り、30万まで借りれる事になりました。レーシック手術費用は20万円だったので、それだけ借りたら良かったんですが、つい欲が出てしまい上限いっぱいの30万円借りる事にしたんです。

 

支払いが大変になるので本当は借りたらダメだなとは思ったんですが、借りてしまい案の定支払いに月1万ちょっと払う事になってしまって、今も支払っています。

 

利息も合わせると結構な金額になるので失敗してしまったと今になって後悔しています。
今後借りる時は上限いっぱい借りるのではなく、ちゃんと使う分だけを借りて、その分だけを支払っていこうと自分の中で決めました。

 

カードローンは色々な所があるので、金利や支払い回数などをちゃんと調べて審査をし、借りた方が失敗しないという事を学びました。
もちろん、お金に困ってない時はキャッシングにしてもカードローンにしても借りない事が一番ですけどね。

 

 

学生とは

そもそも「学生とは何か?」というのを調べてみました。

 

学生というのは学問を学んでいる人で、特に大学生、短大生、高専生のことを言うようです。

 

小学生や中学生、高校生というのも学生と思われがちですが、一応これらの小学生、中学生、高校生というのが学生ではなく「生徒」と区別されているようです。

 

基本的には大学生のことを学生っていうことですね。
学生ローンだって小学生、中学生、高校生が借りれるという事はまずありません。大学生が借りれるのが学生ローンというわけですから。

 

学生と生徒では違うという事なんて知らない人がほとんどですよね。ちょっと調べてみて、そうだったのかーってビックリしましたね。