学生ローン

教育ローンと学生ローン

学生でも借りられる学生ローンの利用者は増加傾向にあります。なんだかんだで不景気という時代が続いている感じもしますもんね…。

 

最近では、日本の子供の数が減少して行く反面、子供1人に掛ける教育費の額は高騰しています。やはり、子供にちゃんとした教育を受けさせたいという親が多いのでしょう。

 

教育費

例えば、国公立大学に通う学生の1年間の教育費は約105万円ですが、私立大学に通う学生の1年間の教育費は約160万円にもなります。

 

また、下宿をしている学生への仕送りは、年間約100万円にも上ります。このように、家計を圧迫して生活が苦しくなっても、子供の教育費を捻出する家庭が多いのが現状です。

 

こうした中で、教育費用を目的として、公的機関や民間金融機関等が設けている貸付ローンが、教育ローンと呼ばれるものです。この教育ローンは、学生本人を対象としている奨学金制度と異なり、基本的に学生の保護者を対象とした融資制度になります。

 

この教育ローンは、利用の目的が自由な学生ローンと比較して、利用の目的が教育費に絞られますが、その分、貸付金利は低く抑えられているのが特徴となります。

 

例えば、教育ローンの中でも、日本政策金融公庫が運営を行っている、教育一般貸付が有名です。融資額は民間金融機関の教育ローンよりは低くい設定ですが、貸付金利も低いことから、真っ先に利用されている人気の制度でもあります。

 

その他にも、会社勤めの人が毎月の給料から天引きで積立を行っている財形貯蓄の中に、教育費を目的とした財形教育融資があります。これは、雇用・能力開発機構が運営を行っているもので、勤め先の会社が財形貯蓄制度を導入していることが要件となります。

 

一般に、子供の教育ローンは、住宅ローンや自動車ローンと比較して、優先度合いが高いとする認識が強く、貸付金利は低く設定されているといわれています。

 

学生本人は絶対に借りれないの?

教育ローンは基本的に学生の保護者を対象とした融資制度ということは言いましたが、絶対に学生本人が借りれないというわけではありません。

 

日本政策金融公庫のQ&Aには次のようなことが書かれています。

 

学生本人が申込人になることはできますか?

ご両親のうち、主に生計を維持されている方にお申込人になっていただいておりますが、例えば、成人されており、勤務収入などの安定したご収入があって、独立して生計を営んでいらっしゃる方であれば、学生ご本人がお申込みいただける場合もございます。

 

ここに書かれているようにおhン人が成人していて、勤務収入などの安定した収入があり、両親とは独立した生計を営んでいるのならば学生本人も借りれることができるということになります。

 

社会人となっている方が、大学などにも通い始める場合などが当てはまるのではないかと思います。

 

ですので、学生本人が絶対に借りれないというわけではありませんが、借りれるのは上記のような一定の条件を満たした人のみということになります。

 

一般的な学生の場合はこういう条件に当てはまらないので本人が教育ローンを利用するということは無理ですね。

 

そういう方は、教育ローンは無理ですので一般のカードローンを利用するようにするといいでしょう。

 

カードローンで教育費用を借りる

基本的に学生本人は教育ローンを利用することができませんので、カードローンを使って教育費用の一部を補うのがいいんじゃないかと思います。

 

カードローンは20歳以上・アルバイトなどで安定した収入がある方であれば、学生でも利用可能となっています。18歳や19歳であったり、アルバイトをしていない人は利用することができません。

 

カードローンは使い道自由となっているので、入学金・授業料・教科書代・制服費用など、さまざまな用途に合わせて利用する事が出来ますよ。

 

カードローンは申込方法も簡単で、24時間いつでもインターネット上から申し込むことが可能となっています。教育ローンは銀行窓口で申込しないといけないことが多いんですが、カードローンは来店不要で申込可能となっているので便利です。

 

それに、審査時間も早いカードローンだと申込即日中の融資も可能となっているので、急ぎの時なんかにもお勧めですよ。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

 

学生がカードローンを利用するとなると、いわゆる学生専門の学生ローンをイメージする方もいるかと思いますが、正直学生専門の学生ローンは審査は甘いのですが、金利がちょっと高めに設定されています。

 

ですので、学生専門の学生ローンを利用するのではなく、大手のローン会社のカードローンを利用するのが絶対におすすめです。当サイトでおすすめしているのは以下の大手ローン会社です。

 

  カードローン 金利 公式サイト
プロミス 4.5%〜17.8% ≫申込みはこちら
アコム 3.0%〜18.0% ≫申込みはこちら
モビット 3.0%〜18.0% ≫申込みはこちら