学生ローン

教育ローンと学生ローン

学生でも借りられる学生ローンの利用者は増加傾向にあります。

 

近年、日本の子供の数が減少して行く反面、子供1人に掛ける教育費の額は高騰しています。例えば、国公立大学に通う学生の1年間の教育費は約105万円ですが、私立大学に通う学生の1年間の教育費は約160万円にもなります。

 

また、下宿をしている学生への仕送りは、年間約100万円にも上ります。このように、家計を圧迫して生活が苦しくなっても、子供の教育費を捻出する家庭が多いのが現状です。

 

こうした中で、教育費用を目的として、公的機関や民間金融機関等が設けている貸付ローンが、教育ローンと呼ばれるものです。この教育ローンは、学生本人を対象としている奨学金制度と異なり、学生の保護者を対象とした融資制度になります。

 

この教育ローンは、利用の目的が自由な学生ローンと比較して、利用の目的が教育費に絞られますが、その分、貸付金利は低く抑えられているのが特徴となります。

 

例えば、教育ローンの中でも、日本政策金融公庫が運営を行っている、教育一般貸付が有名です。融資額は民間金融機関の教育ローンよりは低くい設定ですが、貸付金利も低いことから、真っ先に利用されている人気の制度でもあります。

 

その他にも、会社勤めの人が毎月の給料から天引きで積立を行っている財形貯蓄の中に、教育費を目的とした財形教育融資があります。これは、雇用・能力開発機構が運営を行っているもので、勤め先の会社が財形貯蓄制度を導入していることが要件となります。

 

一般に、子供の教育ローンは、住宅ローンや自動車ローンと比較して、優先度合いが高いとする認識が強く、貸付金利は低く設定されているといわれています。

 

 

カードローンで教育費用を借りる

上記でも述べたように、教育ローンは保護者の方を対象としたローンとなっており、学生本人が利用するのは難しくなっています。では、学生の方本人がローン利用希望の場合はどうすればいいのか?

 

それは、教育ローンではないんですが、代わりとしてカードローンを利用するのがいいでしょう。

 

カードローンは20歳以上・アルバイトなどで安定した収入がある方であれば、学生でも利用可能となっています。また、使い道自由となっているので、入学金・授業料・教科書代・制服費用など、さまざまな用途に合わせて利用する事が出来ますよ。

 

カードローンは申込方法も簡単で、24時間いつでもインターネット上か申し込むことが可能となっています。教育ローンは銀行窓口で申込しないといけないことが多いんですが、カードローンは来店不要で申込可能となっているので便利です。

 

それに、審査時間も早いカードローンだと申込即日中の融資も可能となっているので、急ぎの時なんかにもお勧めですよ。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

 

  カードローン 金利 公式サイト
プロミス 4.5%〜17.8% ≫申込みはこちら
アコム 3.0%〜18.0% ≫申込みはこちら
モビット 3.0%〜18.0% ≫申込みはこちら
新生銀行カードローン レイク 4.5%〜18.0% ≫申込みはこちら