学生ローン

総量規制と学生ローン

2010年6月、改正貸金業法が施行される中で、総量規制が貸金業界に導入されました。この総量規制とは、多重債務者の増加を抑制する目的として施行されたもので、個人の貸付けに対して規制が取り入れられています。

 

その規制内容は、貸付けられる金額が、原則として年収の3分の1までに制限を掛けるものです。この総量規制の施行に伴い、収入の無い専業主婦や低所得者にとっては、厳しい規制が課せられることとなりました。

 

当然、総量規制の導入は、学生に対しても例外ではありません。即ち、学生ローン利用の際にも、安定した収入が求められることになります。但し、安定収入に対する解釈は、消費者金融によって多少の違いが見られます。

 

通常、安定収入を証明するためには、アルバイト先から貰っている給料明細などの提示が必要となりますが、50万円未満の借入れの場合は、収入証明の必要はなくても自己申告で通る消費者金融が大半となっています。

 

従って、そもそも大きな金額の借入れが少ない学生ローンでは、総量規制の導入に伴う影響は低いといわれています。当然、アルバイトなどもしておらず、収入がゼロの学生は、総量規制の導入に関係なく、学生ローンの借入れは厳しくなるともいえます。

 

また、借入金額が少ない学生ローンは、総量規制の影響が少ないとされてはいますが、複数の消費者金融から借入れを行う際には気をつけなければなりません。各貸金業者からの借入れ情報は共有されており、借入れ総額は合算されてしまうからです。