学生ローン

学生ローンと奨学金について

学生の方がお金を借りる場合、銀行や消費者金融機関で利用できる『学生ローン』を使うべきか、もしくは日本学生支援機構などで利用できる『奨学金制度』を利用する方が良いのか?

 

そもそも何がどう違うのか、あまり詳しく分かってない人が多いと思います。お金を借りれたらどこでもイイ!って思ってる学生さんも多いかもしれないですが、これは大きな間違いですよ。

 

学生ローンや奨学金にはそれぞれお金の使い道によって向き不向きがあるんです。

 

そこで、学生の時に学生ローンと奨学金のどちらとも利用したことがある私が、経験を元にどちらを利用するのがいいのか?詳しく紹介しますね(''ω'')ノ

奨学金とは

学生でも借りられる学生ローンとは異なり、学生本人に対して融資が行われるものに奨学金制度があります。この奨学金制度で最も有名なのが、公的機関として日本学生支援機構(JASSO)の奨学金制度です。

 

この日本学生支援機構の奨学金制度は、無利息となる第1種奨学金と、有利息の第2種奨学金に区分されています。なお、無利息の第1種奨学金を受け取る為には、成績と親の年収が融資基準として設定されています。

 

そして、第1種の条件に当て嵌まらなかった学生が、第2種奨学金を受け取ることになります。また、日本学生支援機構の奨学金制度では、成績優秀な生徒に対して、奨学金の返済が免除される制度まで設けられています。

 

但し、近年では、社会人になってから奨学金の返済を滞る人が急増しており、問題視されています。そこで、奨学金であっても、長期の延滞を起こした人に対しては、個人信用情報へ登録が課せられるようになりました。

 

これに対して、学費が免除となる奨学金制度もあります。特に、学校側が優秀な学生の獲得を目的として設けている奨学金制度で、学費免除の制度を取り入れられています。

 

但し、学校が設けている奨学金制度の内容や基準は、学校によりまちまちであり、奨学金制度を設けていない学校もあります。この他にも、病気や事故で両親を失くした子供に対して学費を貸与する、あしなが育英会の奨学金制度も有名です。

 

又は、グローバル社会を迎え、学生の間に留学経験を積もうとする学生も増えています。そうした留学を目的とする学生への、奨学金制度も多くなっています。

 

学生ローンと奨学金の違い

まず、学生ローンと奨学金の大きな違いなんですが、違いを細かく説明するよりも私の利用方法を伝えた方が分かりやすいと思うので、学生ローン・奨学金をどのような時に利用したのか教えますね。

 

奨学金

奨学金からなんですが、大学進学時に必ず入学金や授業料の支払いが必要となりますよね。それに、教材費用などなど。お金がある家であれば問題ないんですが、残念ながら我が家はお世辞にも裕福とは言えません。というか、どちらかと言えば貧乏な方なのかな。。。

 

なので、大学で必要な費用を支払う余裕もなかったんです。でも払わない事には在学する事もできません。この時どうすればいいのか?って悩んだ時に出た答えが、奨学金なんです。

 

奨学金は大学を通して日本学生支援機構の奨学金制度を利用する事でお金を借りることが可能となっています。この奨学金制度を使って、授業料などを支払っていました。

 

学生ローン

学生ローンはどういった理由で使ったのか?といえばなんですが、学費などの支払いでお金を借りるといった訳でなく、生活費など個人的にお金が必要な時に学生ローンを利用していました。

 

食費や携帯代、ショッピング費用や友達との飲み代など、ほんとに日常で必要なお金を学生ローンで借りてた!って感じです。

 

ちなみに、学生ローンと言っても色々な金融機関のローンがあるので各金融機関によってローン詳細は様々だと思うんですが、私が使っていた学生ローンはプロミスのカードローンを使っていました。

 

学生ローンというよりかは、『学生でも借りれるローン』って感じですね。

 

いくら借りたのか

奨学金は学費など学校で必要なお金を借りる時に利用しました。ちなみに、私が奨学金で借りた額なんですが、月々5万円振り込みしてもらい、在学中でトータル200万円ほど借りました。全額授業料など学費に使った感じです。

 

学生ローンの方はといえば、カードローンを作っておけば借入限度額までならいつでも好きな時にお金を借りることが可能です。学生なので、そこまで多くの借入限度額ではなかったので、多くても3〜5万円借りて返済していき、また必要な時に借りるって感じでしたよ。

 

 

学生ローンと奨学金は似て異なる

学生ローンと奨学金、お金を借りることに関しては同じだとおもうんですが、内容が全く別になっています。

 

基本、奨学金は授業料など学費を借りるための制度だと考えておくといいでしょう。学生ローンに関しては、生活していく中でお金が必要な時に借りることが出来るローンとなっています。

 

下記の表を見てもらったら分かるように、学生ローンと奨学金では利息の発生する期間や返済する期間も変わってくるので、参考にしておくといいですよ。

  奨学金 学生ローン
借り方

毎月定額で振り込み

必要な時に借りれる

利息

卒業もしくは中途退学後翌日から

お金を借りた翌日から

返済

卒業もしくは中途退学後から

お金を借りた翌月から

 

 

学生専門 学生ローン業者一覧
金融機関 住所 電話番号 公式サイト
イーキャンパス 新宿区高田馬場3丁目4-16 03-5338-8432 公式サイト
フレンド田 新宿区高田馬場3-2-1 0120-701-345 公式サイト
アミーゴ 新宿区高田馬場4丁目9-10 鈴木ビル 4F 0120-074-090 公式サイト
ヤングローンキャンパス 新宿区高田馬場4丁目9-10 鈴木ビル 3F 0120-874-090 公式サイト
ベル 新宿区高田馬場4丁目8-9 静香ビル2F 03-3367-7420 公式サイト
カレッジ 新宿区高田馬場2丁目17−1−305 03-3205-1105 公式サイト
アイシーローン 新宿区西新宿1-19-2 03-3346-0443 公式サイト
トーエイ 新宿区高田馬場2-14-10 上田ビル2階 03-3200-3371 公式サイト
マルイ 新宿区高田馬場2丁目19-7 タックイレブンビル6F 0120-815-501 公式サイト
学灯社 新宿区高田馬場2丁目19-7 03-3208-0043 公式サイト
友林堂 豊島区西池袋3-26-6 0120-00-4365 公式サイト
学協 世田谷区三軒茶屋1-32-11 丸文ビル3F 03-3418-4321 公式サイト
キャッシングホワイト 京都市下京区四条堀川町255 野村ビル3F 075-841-9946 公式サイト
ニチデン梅田店 大阪市北区梅田一丁目2-2 1409-2 06-6345-6677 公式サイト
ニチデン吹田店 吹田市元町23-22 06-6382-1111 公式サイト
奈良ニチデン 奈良市三条町606-19 0742-23-4444 公式サイト

 

 

学生ローンはどこで借りればいいの?

奨学金を利用する場合は、在籍している学校(高校や大学)を通じて申込みする事が出来ますが、学生ローンを利用する場合はどこに申し込めばいいのか?

 

学生ローンといっても色々とありますからね。例えば、学生の街゛高田馬場゛には、ちょっと歩いただけでいくつもの学生ローン書かれた看板を目にします。

 

「マルイ」「カレッヂ」「ベル」「イーキャンパス」「フレンド田」「アミーゴ」などなど、学生専門としたローン業者が多くあるんです。さすが学生の街ですね。

 

このような、学生専門のローンを利用するのも一つの方法なんですが、私的にはプロミスやアコムといった消費者金融のカードローンを利用する方がお勧めです。

 

なぜかといえば、マルイやカレッヂなどの学生専門ローンは使い勝手があまり良くないかな…って感じがするんです。ローン業者によっては申込時に店舗に直接行かないといけない場合もありますし、お金を借りる際も銀行口座への振り込みのみとった所が多いです。

 

その点、プロミスやアコムのカードローンはネット上で24時間いつでも申込みする事が出来ますし、ローンカードが発行出来たらコンビニのATMからお金を借りる事も可能となっています。

 

金利面に関しても、学生専門ローンよりも低いぐらいなので学生ローンを利用するのであれば、プロミスやアコムといった大手のカードローンを利用する方がお得かなって感じです。

 

利用する際は、親や学校に連絡が入る事もないので、学生にはもってこいのローンだと思いますよ('ω')ノ

 

≫プロミス公式サイトへ

 

≫アコム公式サイトへ

奨学金 よくある質問

奨学金の金利はどれぐらい?

日本学生支援機構の奨学金(第2種奨学金)だと、最大でも3%の金利設定となっています。(※第一種奨学金は無利息・詳しくはこちら

 

また、申込する際に以下二つの利率の算定方法から選択するようになっています。

 

利率固定方式・・・貸与終了時に決定した利率が返還完了まで変動されず適用されます。
利率見直し方式・・・返還期間中、おおむね5年ごとに見直された利率が適用されます。

 

どちらの方式も金利は最大3%と低金利設定になっているので、ちょっとした違いはあるかもしれないですが、どちらの方式にしてもそこまで大きな差はないかなって感じがします。

 

申込名義は本人or親?保証人は必要なの?

奨学金の申込者名義は、学校に通う学生本人の名義で借りるようになります。未成年の方の場合も親など保護者の方の名義で申込するのではなく、本人名義で申込して契約するようになっています。

 

申込みの際は、保証人の設定が必要となってきます。連帯保証人として原則「父母」・保証人として「おじ・おば・兄弟姉妹等の4親等以内の親族」になってもらう必要があります。

 

奨学金の返済方法は?

奨学金の返済は、学校を卒業して7ケ月目から始まります。ちなみに、中途退学した場合も同じように中途退学後の7ケ月目から返済がスタートします。

 

返済方法は、「月賦返還」・「月賦・半年賦併用返還」といった2つの返済方法があります。

 

月賦返還・・・毎月一定額が口座から引き落とされます
月賦・半年賦併用返還・・・奨学金の半分は月払い、残り半分は半年ごと(1月と7月)に返済

 

月賦・半年賦併用返還は、簡単にいうとボーナス時にまとまった金額を返済するといった事になります。それだけ早く返済する事が出来るので、月賦・半年賦併用返還の方が支払利息も少なくなりますね。

 

返済は銀行口座から自動引き落としされるんですが(月賦返還は毎月27日、月賦半年賦併用返還は毎月27日と1月27日・7月27日)、外国銀行、インターネット専業銀行(楽天銀行、ジャパンネット銀行等)など一部引落が出来ない口座もあるので注意して下さい。

 

延滞・滞納など返済しないとどうなる?

奨学金の返済を滞ると、日本学生支援機構から返済督促の連絡が入ります。すぐに返済できれば問題ないんですが、それでも返済をしなかった場合は、個人信用情報機関に登録、いわゆるブラックリストに載ってしまいます。

 

ブラックリストに載ってしまうと、今後他のローンを組むことも出来なくなってしまうので、これだけは絶対避けたいところです。

 

また、半年以上の長期間返済しなかった場合は、訴訟を起こされる可能性もあります。こうなると、財産の差し押さえなどといった判決がでる場合も考えられます。

 

それに、奨学金を借りた本人だけでなく、連帯保証人に対しても同じように督促の連絡が入るようになります。自分だけでなく保証人の方にも迷惑がかかるので、返済は遅れずしっかりと返していかなければなりません。

 

第一種奨学金の条件は?

第一種奨学金は、金利が0%すなわち無利息で奨学金を借りることが可能となっています。無利息なので、誰もがこちらの第一種奨学金を利用したいと思うでしょうが、条件を満たしていないとこちらを契約する事が出来なくなっています。

 

まず、基本的な条件として、

 

●国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)に在学
●特に優れた学生及び生徒で経済的理由により著しく修学困難な人

 

となっています。ただ、あくまでこちらは基本的に基本的な対象条件なので、第一種奨学金が利用できるかどうかは日本学生支援機構に申込してみないとはっきりとした事は何とも言えません。

 

やはり利息が0となるので、そんな簡単には第一種奨学金は利用できないのかなって感じですね。第一種になったらラッキーぐらいで考えておくのがいいと思います。

 

 

学生ローンに関するニュース情報

高田馬場で「学生ローン」が復活

ネットニュースを見ていたら、『高田馬場で「学生ローン」が復活を遂げた理由』といったページが出てきました。

 

こちらのニュース記事によると、2010年代初めまでは学生ローンを利用する顧客数がどんどん減少していく傾向だったみたいです。

 

減少理由は、少子化や経営者の高齢化、2006年の貸金業法改正の影響が大きいそうです。

 

ただ、高田馬場駅周辺にある学生ローン業者の顧客数は、ここ2〜3年で増加している傾向にあるみたいです。なぜ学生ローンの顧客数が増えたのか?

 

それは、「借金への心理的抵抗が薄れてきている」といった事が理由だそうです。最近流行っているネット上での『ツケ払い』などで、借金に対するイメージが変わってきているのかなって感じがします。

 

その為、学生ローンを利用する際も借金への抵抗なく利用するといった学生が増えてきているみたいです。

 

スマホなど、インターネットを利用して簡単に申込できスムーズにお金を借りることが出来るといった点も増加原因の一つだと思います。