学生が銀行からお金を借りる

学生も銀行からお金を借りることができる

お金を借りたい学生の方の中には、学生ローンや消費者金融で借りるよりも、安心できる銀行で借りたいという人もいるでしょう。

 

銀行は普段からよく利用していますもんね。

 

両親から仕送りをしてもらっている方は、自分の銀行口座に振り込みしてもらっているでしょうし、何かの支払いで振込しないといけなかったりと普段からよく利用します。

 

それに比べて、学生ローンや消費者金融となると、初めて利用する人もいるでしょうし、ちょっと怖いイメージを持っている人もいるでしょう。

 

実際のところ学生ローンも消費者金融もちゃんとした、正規の登録業者ならば怖いことは、まず無いのですけどね。

 

登録業者なら法律にのっとって経営しないと、すぐに営業できなくなってしまいますから。

 

怪しいソフト闇金や個人間融資を利用してしまうと、怖いことになってしまうというだけです。

 

まあ、とは言っても銀行が良いという学生の人は多いでしょう。

 

で、銀行カードローンを学生が利用できるか?ということですが、多くの銀行では学生も20歳以上でアルバイトをしてれば借りることができます。

 

学生ローンの中には未成年でも借りれる所があったり、アルバイトをしていなくても借りれる所もあります。

 

でも、銀行カードローンの場合は20歳以上でアルバイトをしているといことは必須になります。

 

ですので、20歳以上でアルバイトをしている学生の方で、銀行でお金を借りたいという場合は審査に申し込みしてみるといいでしょう。

 

大手の銀行で学生OKの所は、「みずほ銀行」「三井住友銀行」「楽天銀行」「三菱UFJ銀行」あたりが、大学生でも利用可能ですので申し込みしてみるといいでしょう。

 

ただ、銀行カードローンにはデメリットもあります。

 

銀行からお金を借りるデメリット

銀行カードローンは安心感もありますし、金利が低いという大きなメリットはあります。

 

ただ、やはりデメリットもあるのです。

 

どういったデメリットかというと、まず『審査が厳しい』ということがあります。

 

銀行カードローンは金利が低い分、審査が厳しくなっているのです。

 

金利が低い分、消費者金融や学生ローンに比べて、銀行が得る利益というのは少なくなります。

 

ですので、確実に返済していってくれる人に貸し付けしないといけません。

 

返済不能となる人が多くなってくると、ただでさえ少ない利益が、どんどん少なくなっていくということですから。

 

なので銀行カードローンの審査は厳しいのです。

 

銀行は総量規制対象外なので、年収の3分の1以上借りれる可能性もありますが、それでも審査の厳しさから言えば、なかなか年収の3分の1以上借りれるということは少ないでしょう。

 

ですので、大学生の方も審査に申し込みは出来るけど、審査に通らない可能性も十分あるということを頭に入れておきましょう。

 

あと、もう一つのデメリットとして『利用するまでに時間がかかる』ということが挙げられます。

 

学生ローンや消費者金融は即日融資が可能ですが、銀行は即日融資は絶対に不可能です。

 

銀行は反社会勢力に融資を行っていないか確認するために、警視庁のデータベース照会が導入されたので、審査にどうしても数日かかってしまうことになったのです。

 

なので、銀行の場合即日融資は不可能となっています。

 

銀行カードローンの場合、利用するまでに2週間程度はかかるとみておいたほうがいいでしょう。

 

一番早いのは、自分自身が口座を開設している銀行のカードローンを利用する事です。

 

銀行によっては口座開設が必須となっているところもあるので、そういった時間を短縮することができますので。

 

口座を持っていない銀行で、ある程度早く対応してくれるところは「楽天銀行」「三菱UFJ銀行」辺りになるでしょう。

 

銀行カードローンには、こういったデメリットもあるのを頭に入れておいて下さい。

page top