学生本人が借りられる教育ローン

学生が学費を借りるならカードローンしかない!

学生でも借りられる学生ローンの利用者は増加傾向にあります。

 

最近では、日本の子供の数が減少して行く反面、子供1人に掛ける教育費の額は高騰しています。やはり、子供にちゃんとした教育を受けさせたいという親が多いのでしょう。

 

教育費

例えば、国公立大学に通う学生の1年間の教育費は約105万円ですが、私立大学に通う学生の1年間の教育費は約160万円にもなります。

 

また、下宿をしている学生への仕送りは、年間約100万円にも上ります。このように、家計を圧迫して生活が苦しくなっても、子供の教育費を捻出する家庭が多いのが現状です。

 

こうした中で、教育費用を目的として、公的機関や民間金融機関等が設けている貸付ローンが、教育ローンと呼ばれるものです。この教育ローンは、学生本人を対象としている奨学金制度と異なり、基本的に学生の保護者を対象とした融資制度になります。

 

この教育ローンは、利用の目的が自由な学生ローンと比較して、利用の目的が教育費に絞られますが、その分、貸付金利は低く抑えられているのが特徴となります。

 

例えば、教育ローンの中でも、日本政策金融公庫が運営を行っている、教育一般貸付が有名です。融資額は民間金融機関の教育ローンよりは低くい設定ですが、貸付金利も低いことから、真っ先に利用されている人気の制度でもあります。

 

その他にも、会社勤めの人が毎月の給料から天引きで積立を行っている財形貯蓄の中に、教育費を目的とした財形教育融資があります。これは、雇用・能力開発機構が運営を行っているもので、勤め先の会社が財形貯蓄制度を導入していることが要件となります。

 

一般敵に子供の教育ローンは住宅ローンや自動車ローンと比較して、優先度合いが高いとする認識が強く、貸付金利は低く設定されているといわれています。

 

学生本人が借りられる教育ローンは基本的に無い!

教育ローンは基本的に学生の保護者を対象とした融資制度と言いましたが、学生本人がどうにか借りられる教育ローンは無いのか?ということで探している学生の方もいるでしょう。

 

何らかの経済的理由で学生本人が学費を払わないといけなくなり、その学費を借りる仮先で教育ローンを思い浮かべる学生の方もいるでしょうからね。

 

ただ、基本的に学生本人が借りられる教育ローンはありません。

 

一部例外的なことがありますが、ほとんどの学生には対象とならないでしょう。その例外は日本政策金融公庫のQ&Aには次のようなことが書かれています。

 

学生本人が申込人になることはできますか?

ご両親のうち、主に生計を維持されている方にお申込人になっていただいておりますが、例えば、成人されており、勤務収入などの安定したご収入があって、独立して生計を営んでいらっしゃる方であれば、学生ご本人がお申込みいただける場合もございます。

 

ここに書かれているように本人が成人していて、勤務収入などの安定した収入があり、両親とは独立した生計を営んでいるのならば学生本人も借りれることができるということになります。

 

社会人となっている方が、大学などにも通い始める場合などが当てはまるのではないかと思います。

 

ですので、学生本人が絶対に借りれないというわけではありませんが、ほとんどの学生の場合はこういう条件に当てはまらないので本人が教育ローンを利用するということは無理ですね。

 

なので、普通に高校を卒業して大学に通っている方が、教育ローンを利用する事は出来ないので、学費を支払わないといけない場合はカードローンを利用するということになります。

 

教育ローンに比べて金利は間違いなく高くなりますが、学生本人がお金を借りるとなるとこれしか方法がないでしょう!

 

カードローンで学費を借りる

上記で説明したように学生本人は基本的に教育ローンを利用できませんので、学費などでお金が必要な場合はカードローンを使って学費を支払うようにするといいでしょう。

 

で、カードローンは教育ローンに比べて金利が高めですので、アルバイトを多く入るなどしてなるべく早く返済していくようにするといいです。

 

カードーローンは以下の条件を満たすことにより学生でも利用することができます。

  • 20歳以上でアルバイトをしている方

 

残念ながら未成年の方やアルバイトをしていない方は利用できませんが、20歳以上でアルバイトをしていれば学生でも利用できます。

 

カードローンは使い道自由となっているので、入学金・授業料・教科書代・制服費用などの学費として借りることもできますし、生活費や友人との交際費として借りることもできます。

 

また、24時間いつでもインターネット上から申し込むことが可能となっているので便利ですね。教育ローンは銀行窓口で申込しないといけないことが多いですから。

 

それに、審査時間も早いカードローンだと申込即日中の融資も可能となっているので、急ぎの時なんかにもおそすめめですよ。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

 

学生本人が学費を借りるのにおすすめのカードローン

プロミス
プロミス

学生本人が学費などを借りるのならばプロミスがおすすめです。
プロミスは最短1時間での融資も可能なので急いでいる学生も大丈夫ですし、郵送物なしのカードレスで利用できるWeb完結もあるのでプライバシーの面でも安心です。
金利もほとんどの消費者金融の最高金利が18.0%となっている中、プロミスは17.8%とちょっとですが低く設定されています。

 

アコム
アコム

アコムも学生が学費などを借りるのにはおすすめのカードローンです。
初めてアコムを利用するという学生の方は最大30日間無利息で利用することができます。
学費を短期間借りたい時などは最適ですよね。

 

※ランキングは、当サイト経由の申込順となっています。

 

学費の支払いはどれくらい必要なのかを把握

教育ローンを利用したいと思っていた学生の方なら、多くの場合が学費の支払いに困っているという状態なのだと思います。

 

この学費の支払いに学生本人が教育ローンをは利用することができないので、上記で紹介したカードローンを利用して支払うということになります。

 

ただ、いくら学費が必要なのか?という事と次の支払いは払えるのか?という事などをちゃんと把握するようにしてください。

 

あまりにも高額な金額ならばカードローンでも借りることができないです。総量規制があるので年収の3分の1までがマックスで借りれる金額になっています。

 

また、次の支払いの際にも借りないといけないという状況はしょうがないかもしれませんが、それまでに今回借りたものはしっかり返済しておく必要があります。

 

次また借りるときに借金がまだ残っていたら、また借金が追加で増えてしまいますからね。なるべく次の支払いまでに完済しておくのが理想です。

 

ただ、生活費なども必要ですし、これからずーっとこの繰り返しになってしまうようならば一度休学したほうがいいかもしれません。

 

休学してバイトをかなり入るようにしてお金をためておき、そこからまた通えば金銭的にはかなり楽になるでしょうからね。

 

借金を繰り返して無理して大学に通って、最終的にこれ以上借金ができない状態になり大学を辞めないといけなくなったとなっては意味がないですからね。

 

すでに学費が支払えないということならば、これからの計画をしっかり立てるようにしましょう!

page top