学生が親にお金を借りる

学生は親からお金を借りるのがベスト

学生がお金を借りるとなると、学生ローンや消費者金融、友人・知人ということが考えられますが、1番ベストなのは親と言えるでしょう。

 

学生ローンや消費者金融となると、それなりに高い金利を支払っていかないといけません。

 

学生の場合、アルバイト収入ということもあり、あまり高い融資額は得られないので、ほとんどの場合15.0%〜18.0%程の金利を支払っていくことになります。

 

この金利は法律の範囲内で、認められているものなので、ちゃんと支払っていかないといけません。

 

あと、友人・知人だと言いにくいのはもちろんありますし、あくまで他人は他人です。

 

なので、「金の切れ目が縁の切れ目」となってしまう可能性が高いです。

 

ちゃんと返済しておけば問題ないだろうと思っていても、「お金を貸して」っていった時点で縁を切られてしまうことも結構ありますからね。

 

学生の時って特に「友人」っていうのは貴重な存在です。

 

卒業してからも、大学生時代の友人とは長く交流していくことが多いですから。

 

なので、お金のことで出来れば縁を切りたくはないです。

 

そういった点も含めて「親」というのは1番いい選択肢ではないでしょうか。

 

両親

 

まず、お金を借りるのに利息を取られるということはありません。

 

もちろん、親によっては多少の利息を取る親もいるかもしれませんが(笑)

 

もし取られたとしても、学生ローンや消費者金融のような金利にはならないでしょう。

 

でも多くの場合、くれるということはなくても利息までは取らないことが多いでしょう。

 

また、親の場合だと「金の切れ目が縁の切れ目」ということにはならないことがほとんどです。

 

あまりにも、お金の無心ばかりするような子供だと縁を切られる可能性もありますが、数回借りる程度でそういうことはあり得ないです。

 

あと、学生ローンや消費者金融からお金を借りるには「20歳以上」「アルバイトをしている」ということが条件になります。

 

ですので、未成年者やアルバイトをしていない方は借りることができません。例外もあります。

 

 

 

ですが、親から借りるのならば条件はありませんので、未成年者の学生の方もアルバイトをしていない方も借りることができます。

 

もちろん、貸してくれるかどうかはわかりませんが・・・。

 

とりあえずトータルで考えてみて、出来ることなら親に借りるのがベストではないでしょうか。

 

何故借りるのか親に打ち明ける

 

親にお金を借りる際に、親に何故お金を借りないといけないのか?ということを打ち明けないといけないです。

 

これはなるべく本当のことを話したほうがいいです。

 

親って子供がついている嘘って見抜いてきますからね。

 

遊びすぎたなら遊びすぎてお金が無くなった旨を伝えたり、資格取得のために借りたいであったり、友人と旅行に行くので借りたいといった本当のことを伝えるといいでしょう。

 

下手な嘘はつかず、遊びすぎたのなら遊びすぎたっていうこと入ったほうがいいですね。

 

学生ローンや消費者金融の審査と同じで、嘘をついてしまうと貸してくれなくなる可能性が高くなりますから。

 

理由によっては、お灸をすえられる可能性もありますが、それだけで親が貸してくれるのなら全然いいですよね。

 

もしどうしても打ち明けられないという方は、「理由は聞かずに貸してください」というか、嘘の理由を付けるかになります。

 

どちらかというと、やはり親に嘘はつかないほうがいいので「理由は聞かずに貸してください」というのがいいでしょう。

 

何かしら嘘の理由を付けるのならば、後から突っ込まれない嘘にしたほうがいいです。

 

例えば「資格取得のため」という嘘をついたとすると、「資格取得できた?」とかって聞かれたときに困りますからね。

 

まあ、大体嘘をつくと後から突っ込まれることがあるので、どういった嘘についてもなかなか難しいかもですね。

 

親が貸してくれない場合や打ち明けられない場合

親に相談したのは良いけど、貸してくれなかったということもあるでしょう。

 

あと、メチャクチャ怖い親でどうしても打ち明けられることができない場合は、両親の状況的にもお金を貸せる状況ではないので言えないという場合もあるでしょう。

 

そういった場合は、学生ローンか消費者金融からお金を借りるしかないということになりますね。

 

そういった方は以下のページをご覧の上、学生ローンや消費者金融でお金を借りるといいでしょう。

 

page top