学生ローンも総量規制の対象

学生ローンも総量規制の対象

2010年6月、改正貸金業法が施行される中で、総量規制が貸金業界に導入されました。

 

この総量規制がどういうものかというと、多重債務者の増加を抑制する目的として施行されたもので、個人の貸付けに対して規制が取り入れられたものになります。

 

その規制内容は、貸付けられる金額が、原則として年収の3分の1までに制限をかけるものです。

 

この総量規制の施行に伴い、収入の無い専業主婦や低所得者にとっては、厳しい規制が課せられることとなりました。

 

当然、総量規制の導入は、学生に対しても例外ではありません。即ち、学生ローン利用の際にも、安定した収入が求められることになります。但し、安定収入に対する解釈は、消費者金融によって多少の違いが見られます。

 

他社借入件数の嘘はダメ

通常、安定収入を証明するためには、アルバイト先から貰っている給料明細などの提示が必要となりますが、50万円未満の借入れの場合は、収入証明の必要はなくても自己申告で通る消費者金融が大半となっています。

 

従って、そもそも大きな金額の借入れが少ない学生ローンでは、総量規制の導入に伴う影響は低いといわれています。

 

当然、アルバイトなどもしておらず、収入がゼロの学生は、総量規制の導入に関係なく、学生ローンや消費者金融からの借入れは厳しくなるともいえます。

 

また、借入金額が少ない学生ローンは、総量規制の影響が少ないとされてはいますが、複数の消費者金融から借入れを行う際には気をつけなければなりません。

 

各貸金業者からの借入れ情報は共有されており、借入れ総額は合算されてしまうからです。

 

収入証明書が必要ないから、申し込みをする金融会社に他の借入はバレていないだろうと、他社借り入れ件数や金額を嘘のことを書いてしまうとそれで審査は落ちるということになります。

 

どういう状況であっても、お金を借りる際の審査は嘘はつかずに本当のことを申告するようにしましょう。

 

銀行カードローンは総量規制対象外

総量規制である年収の3分の1以上を借りるとなれば、総量規制対象外の銀行はどうなの?って思う方もいるでしょう。

 

アルバイトの年収の3分の1となると、例えば車やバイクの購入の時には、その金額では買うことができないということも多いでしょうから。

 

なので、総量規制対象外の銀行で学生が年収の3分の1以上借りればいいという単純なものではありません。

 

確かに銀行カードローンは総量規制対象外となりますが、そもそもの審査が銀行は厳しいです。金利が低い分審査は厳しくしないといけないですから。

 

ですので、いくら総量規制対象外の銀行と言っても、総量規制の年収3分の1以上借りるということはほとんどの場合無理です。

 

学生の場合、銀行カードローンの審査に通ったとしても10万円程度いうのが一般的ですから。

 

ですので、総量規制以上の金額を学生の方が借りたいということで、銀行カードローンの審査に申し込んでみるのは全然いいですが、希望どうり借りれる可能性はかなり少ないですよ。

 

ソフト闇金や個人間融資は絶対NG

総量規制の範囲内をギリギリまで借りている学生の方は、基本的にもう金融機関で借りることはできないでしょう。

 

そういった方が、どうにかしてお金を借りようと手を出してしまうのが「ソフト闇金」や「個人間融資」というものです。

 

ソフト闇金は「ソフト」ってついていて、なんか軽い感じで借りれそうって思うかもしれませんが、ソフトではありますが闇金は闇金です。闇金よりも若干金利が低いことからソフト闇金と呼ばれているのです。

 

若干金利が低いといっても、明らかに法律違反の金利設定です。かなり高いです!

 

こういったところから借りてしまうと、いつまでたっても完済することは出来ませんし、骨の髄までしゃぶりつくされるでしょう。

 

ですので、絶対にソフト闇金は利用しないようにして下さい!

 

あと個人間融資も絶対に利用しないでください!

 

個人間融資はSNSを使って、個人間でお金の貸し借りをするというものです。

 

個人間とはいってもほとんどの場合闇金が相手となります。その他、何かしらの犯罪にいつの間にか巻き込まれていることも多いです。

 

ですので、ソフト闇金と個人間融資はどんなに困っても利用しないようにしましょう。

 

総量規制以上は諦める

総量規制以上お金が必要という理由が何かしらあるのかもしれませんが、総量規制以上のお金を手に入れようとするのは避けておいたほうがいいでしょう。

 

基本的に学生が総量規制以上借りようとすると、上記で紹介したソフト闇金や個人間融資の利用となってしまいます。

 

こうなってしまっては最終的に落ちていくところまで落ちてしまいますからね。

 

お金が必要な理由があるかもしれませんが、とりあえず総量規制の借りれる所まで借りている学生は諦めるようにしましょう。

 

お金を借りることは諦めて、とりあえずバイトを増やすなどして収入を増やし、今ある借金を返済していくことをまず考えるといいでしょう。

page top