学生ローン

インターネット銀行

比較的新しい銀行の一つとして知られる住信SBIネット銀行ではさまざまな金融商品を扱っていますが、カードローン商品ももちろん扱っています。ここでは住信SBIネット銀行が扱っているカードローン商品についてご紹介しましょう。

 

銀行の基礎情報

住信SBIネット銀行ですが、恐らく多くの方は名前もあまり聞いたことがないのではないでしょうか。そこまで知名度が高い銀行とは言えませんし、設立されてからの歴史も長くないため一般的な知名度はそれほど高くないのが現実です。

 

この銀行は2007年に設立された銀行で、住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資することによって誕生しました。2007年に設立ということで新しい銀行ですし、商品やサービスについてもこれまでになかった斬新さを取り入れようとしています。

 

実店舗を構えて営業を行う従来の銀行とは異なりインターネットを専門とする銀行です。あらゆる銀行業務を行っている銀行ではあるものの、基本的にインターネット専業バンクという部分が大きな特徴と言えるでしょう。

 

また、顧客満足度を高めるためのさまざまな取り組みを行っていますし、顧客満足度をリサーチする調査においても銀行部門において上位にランクインした実績があります。

 

インターネット専業の銀行という性質を活かしたサービスの提供を続けており、人件費をはじめとするさまざまなコストを削減して顧客に還元しようと考えています。

 

銀行手数料の引き下げや預金金利を高くするなどネット専業バンクならではの強みを打ち出しているのが大きな特徴と言えるでしょう。そんな住信SBIネット銀行がリリースしているカードローン商品がMR.カードローンです。

 

では、こちらの住信SBIネット銀行カードローンは学生でも借入することができるのか?調べてみました。

 

申し込み条件

住信SBIネット銀行のMR.カードローンを申し込むための条件ですが、まずは安定した収入を得ていることが条件となります。

 

これは同行のカードローンだけでなく他行、消費者金融のカードローンを利用するときでも基本的に同じです。

 

安定した収入がない人に貸し付けを行っても返済のめどが立ちませんし、安定した収入を得ている、定職に就いているということを第一の条件として掲げている金融機関は少なくありません。

 

また、このカードローンに申し込むためには銀行口座の開設も必要となります。すでに住信SBIネット銀行の口座を開設している方なら問題ありませんが、口座を持っていないのならカードローンを申し込むときに同時に銀行口座開設も申し込みする必要があります。

 

それと、20歳以上の方が対象というのも条件となっています。未成年者の場合は申込する事ができないので注意してください。

 

では、20歳以上で収入があれば学生でも大丈夫なのか?といった点になるんですが、残念ながら学生の場合は条件を満たしていても利用することができなくなっています。

 

学生専用の学生ローンといったサービスもないので、学生の方が住信SBIネット銀行でお金を借りるのはちょっと難しいかな…って感じがします。

 

なので、もし学生の方がお金を借りるなら学生でも利用可能なプロミスやアコムなどのカードローンに申込するのがいいのかなって思います。

 

≫プロミス詳細ページへ
≫アコム詳細ページへ

 

MR.カードローンの詳細

審査について

住信SBIネット銀行のカードローンを利用するには審査をクリアする必要がありますが、同行が審査でどこを重視しているかは不明です。ただ、ネットの評判などでも比較的審査が厳しいと言われていますし、それなりに高い審査基準を設けていると考えられます。後述しますが住信SBIネット銀行のカードローンは金利も低く魅力的ですし、さまざまな用途に利用できる自由度の高いローン商品のため審査はどうしても厳しくなりがちです。

 

職場での勤続年数があからさまに短かったり、正社員でない場合、他社での延滞が一年以内にあったりするとお金を借りることは難しくなってしまうかもしれません。初めてカードローンを利用する方、ほかにローンなどを組んでいない方、金融事故などを一度も起こしたことがないという方だと比較的スムーズに審査を通過できるのではないでしょうか。

 

審査にかかる期間はやや長めです。仮審査に関しては申し込みから数時間程度で終了しその旨がメールで通知されますが、本審査から融資の実行までには多少の時間がかかります。即日融資とはいかないのが最大のデメリットかもしれません。一週間程度の時間はみておいたほうが良いでしょう。また、300万円以上の融資を受けるとなると必要となる書類の種類も増えますから、一週間から二週間以上の期間が必要になるかもしれません。

 

金利について

MR.カードローンが魅力的と言われる理由の一つは金利にあります。銀行が提供しているカードローン商品の多くは比較的低金利ですが、他行が提供しているカードローン商品と比べても同行のMR.カードローンは非常に低い金利を設定しているのです。これはMR.カードローン最大のメリットと言えるでしょう。実質年率1.59〜7.99パーセントとなっていますからどこの銀行カードローンよりもあからさまに低金利です。

 

注目してほしいのは上限金利で、8パーセントを切っています。みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行でもカードローン商品は扱っていますが、だいたい上限金利は16パーセント前後となっています。それに比べると同行のカードローンがいかに低金利かが理解できるでしょう。この低金利という部分に惹かれて利用しようとする方は少なくありません。

 

借りるときの注意点

住信SBIネット銀行のカードローンを利用するときの注意点ですが、審査が比較的厳しいですから既に他社で借入を行っている方はまずそっちを返済してから申し込むと多少審査に通りやすいかもしれません。また、先述したように本審査が終了するまでには数日を要しますからすぐにお金が欲しいという方は即日融資可能なカードローン商品を選びましょう。

 

こんな人におすすめ

基本的にオンラインでの申し込みとなりますから、わざわざ店舗で申し込みをするのが面倒という方に向いています。また、おまとめローンにも利用できるため他社借入を一本にまとめたいという方も検討する価値は十分あるカードローンではないでしょうか。さらに、金利が低いというのはやはり大きな魅力です。他行のカードローン商品と比べても明らかに金利が低いですし、消費者金融のカードローンと比較すればその差は歴然と言えるでしょう。

 

ただ、借りる時の注意点でもお話したように審査から融資の実行までには多少の時間が必要となりますから、あまり急ぎでお金を必要としていない方に向いているカードローンです。基本的にメリットが多いカードローンですから万人向けと言えますが、唯一急いでいる方にはあまりおススメできません。

page top